スーパーカブオイルが乳化した時は?原因、症状、対策などを考えてみた

オイル

スーパーカブのメンテナンスの一つであるオイル交換。

本来なら交換時期になったオイルを抜いた時黒いオイルが出るはずが…

出てきたのが乳化したコーヒー牛乳のようなオイルだったって事はありませんか。

正直に言って初めて見た時はこんな色のしたオイルが出てくることがあるのだと驚いたのですが…

では、なぜ本来使用済みの黒いオイルでは無く乳化した状態になるのか?

このような事になる原因は?

エンジンへの影響は?

その解決策は?

などこのページで書いていきます。

スポンサーリンク

スーパーカブのエンジンオイル乳化とは?

 出典:丸富オート販売

本来なら水と油が混ざり合う事はないはずですが、

エンジン内部では、ピストンやクランクなどが常に高速で動いていますので、

オイルとエンジン内部で発生した水分と混ざり合って、

エンジンオイルが白く濁ってしまう現象のことをいいます。

身近な所で例えると、ドレッシングやマヨネーズに例えるとわかりやすいかもしれません。

マヨネーズに関しましては、油とお酢が混ざっていてそれがゲル状になった物となっております。

エンジンオイルの乳化が進むことによって、マヨネーズのようにドロドロとした状態となり、

エンジン各部に付着してしまい、エンジントラブルの原因にもなったりします。

スポンサーリンク

スーパーカブエンジンオイル乳化が起きる原因とは?

スーパーカブで摩耗したオイルは茶色や黒に近い色なのに、

コーヒー牛乳のような色をした乳化が起きるのか、その原因などを書いていきます。

季節によって起こりやすい時期がある

エンジンオイルの乳化に関しましてですが、夏の暑い時期よりも冬の寒い時期や梅雨などの湿気が多い時期などに起こりやすくなっております。

特に冬の早朝など外との気温とエンジン内部の温度差が大きい時、エンジン内部で結露が起きやすくなり、

その結露によってできた水分とエンジンオイルが混ざり合って乳化が起きてしまいます。

繰り返し短時間での走行

 出典:カブある日記

そのエンジン内部で起こる結露ですが、本来ならエンジンが温まる事によって蒸発するはずですが、

近距離などの走行(要はちょい乗り)などでエンジンがあたたまる前にエンジンを切ってしまうと、その水分が蒸発しきれずに残ってしまいます。

ちょい乗りを繰り返していると、蒸発しきれなかった水分が溜まっていきますので、

その水分がエンジンオイルとどんどん混ざっていき、エンジンオイルの乳化が進んでいきます。

スクーターやカブなど小型バイクで比較的乳化が起きやすい

こちらも、先程の項目で書いたとおりで、ちょい乗りを繰り返す事によって乳化が進みますので、

近所の買い物や通勤などで使われやすいスクーターやスーパーカブなどの小型バイクで、よく見かける症状となっております。

とは言っても、車や大型バイクでも珍しい症状では無く、乗り方によってオイルの乳化が起こりやすくなりますので注意が必要です。

スーパーカブエンジンオイル乳化によって起きる症状とは?

先程の項目でエンジンオイルが乳化する原因などを書いていきましたが、

乳化したエンジンオイルを放置すると、エンジンにどんな症状が出るのかを書いていきます。

ヘドロ状になりエンジン内部にへばりつく

 出典:みんカラ

エンジンオイルが乳化し始めの時に対策をすれば問題ありませんが、

オイル乳化を放置していると、

写真のようなヘドロ状になり、エンジン各部にへばり付くようになります。

要するにマヨネーズになったような物がへばり付いてきます。

また乳化したエンジンオイルには、想像以上の水分が混ざっていますので、

これを放置してしまうと、エンジン内部の錆の原因にもなってしまいます。

摩耗し交換時期になったエンジンオイルよりもたちが悪い

本来なら摩耗し交換時期になったエンジンオイルは黒くなっておりますが、

そのエンジンオイルが黒くなったものよりもたちが悪い物となっております。

というのも、乳化が進んだエンジンオイルは、先程の項目でも書いたとおり、ヘドロ状になってしまいます。

そのヘドロ状になエンジンオイルがエンジン各部にへばり付いてしまいます。

それによって、エンジン内部の錆の原因にもなったり、

乳化したオイルがオイルラインなどを塞いでしまい、エンジン内のオイル循環の妨げとなり、

最悪エンジンの焼き付きなどを起こしてしまう恐れがあります。

スーパーカブエンジンオイルが乳化した場合の解決法

もし自身の所有しているスーパーカブのエンジンオイルが乳化した場合の、解決法などをこの項目で書いていきます。

とは言っても特別難しいことではありませんので、気になる方は実践してみてください。

30分以上の走行を行う

先程の項目でも書いたとおり、エンジンオイルの乳化に関しましては、

エンジン内部で起きた結露による水分とエンジンオイルが混ざりあった物ですので、

30分以上走行することにより、エンジン内部がしっかりと温まり、

それによって、エンジン内部の水分が蒸発してしまいます。

 出典:黒瀬モーターサイクル

この写真のようにエンジンオイルをしっかりと温める事によって、

水分が蒸発していき、エンジンオイル本来の色になってきますので、

休日などでしっかりと走らせる事により、オイルの乳化防止と、

エンジンオイル内の水分を蒸発させる事が出来るのではと感じております。

ただここで気をつけて欲しいのが、水分を蒸発させようとして、

エンジンを高回転まで回してしまうと、乳化したエンジンオイルが焼き付いてしまいますので注意が必要です。

オイル交換を行う

スーパーカブを走らせるのにそこまで時間が取れない人は、

オイル交換をこまめに行う事によって、エンジンオイルの乳化の進行を防ぐ事が可能になります。

本来なら、メーカーが定めるオイル交換時期3000kmまたは1年とありますが、

冬の結露が起きやすい時期などは、その半分の1500kmあたりで交換するのがいいのではないでしょうか。

オーバーホール

 出典:錆道楽

エンジンオイルが乳化してもこまめにオイル交換をしていたり、

しっかりと走らせていれば、オーバーホールをする必要がないのですが、

乳化したエンジンオイルを放置してしまうと、エンジン内部の各所へへばり付いてしまい、

更に放置してしまうと、中々取れなくなってしまいますので、

最悪エンジンのオーバーホールが必要になってくることがあります。

あまり放置しすぎないように注意が必要です。

まとめ

このページではスーパーカブのエンジンオイル乳化について書いてきましたが、

この原因について、スーパーカブ自体の不具合などでは無く、

冬の寒い時期や梅雨などの湿度が高い時期などにちょい乗りを繰り返す事によって、

起こりやすい症状だということが分かりました。

乳化してしまったオイルを放置してしまうことによって、エンジントラブルの原因にもなりますが、

しっかりとスーパーカブを走らせる事や、オイル交換を通常よりもこまめに行うことによって、

オイルの乳化を防ぐ事が可能となっております。

※スーパーカブのエンジンオイルに関しましては、次のようなコンテンツも紹介しております。

スーパーカブオイル継ぎ足ししても大丈夫?オイルが減る原因と注意点
スーパーカブのオイル点検時に気づいたらオイルが減っている…という経験はありませんか。オイルのレベルゲージを下限を下回っているが、オイル交換するにはまだ早いし…ここで気になるのがオイルを継ぎ足してもエンジンには問題ないのか。そもそもなぜエンジンオイルは減っていくのか?また、減った分のエンジンオイルは継ぎ足しても大丈夫なのか?また継ぎ足す時の注意点などをこのページで書いていきます。
スーパーカブにエンジンオイル入れすぎた場合の影響と対処法について
スーパーカブのメンテナンスの一つであるエンジンオイルの交換。エンジンオイル入れすぎた…そんな経験はないでしょうか?少しなら良いかとついそのまま放置してしまいがちですが、エンジンオイルを入れすぎによる、エンジンへの影響は少なからずあり、最悪事故にもつながる可能性もあります。このページではスーパーカブへのエンジンオイル入れすぎによる主な症状や、また入れすぎた場合による対処法などを書いていきます。
スーパーカブオイル交換しないとどうなる?考えられる症状やその末路とは
スーパーカブでの大事なメンテナンスの一つであるオイル交換。オイル交換を全くやらずにそのまま乗り続けている人も中にはいたりします。そのオイル交換を全くしないとどうなるのか、エンジンに起こるその変化や、全くオイル交換をやらなかった為に起きたその末路などを、このページで書いていきます。
スーパーカブ110におすすめのオイルは?基礎知識とオイルの選び方
スーパーカブ110のメンテナンスの一つであるオイル交換。どのようなオイルを選べばいいのか迷う人もいるのではないでしょうか?10W-30などの数字やMAなどの記号などがあり、記号の内容が分からず、実際にどのオイルを選べばいいのか迷っている人もいると思います。このページでは、オイル交換の際のオイルの選び方や、スーパーカブ110におすすめのオイルの紹介などを書いていきます。
スーパーカブ110オイル交換について考えてみた!時期、方法、値段
スーパーカブ110に限らず、バイク全般、車などに必要なのがメンテナンス。車やバイクの性能の維持や安全のために必要です。ではそのメンテナンスの一つであるオイル交換。このページではそのオイル交換について、気になるのが、いつオイル交換すれば良いの?どういったオイルを買えば良いの?どうやってオイルを交換すればいいの?オイル交換にかかる費用は?などの疑問に答えていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました